ご挨拶

一般社団法人 建設業教育協会の代表理事、石原鉄郎です。
当法人は、「教育を通じて、労働者の安全と建設業の発展に寄与する。」
ことを目的に、2021年7月20日に設立されました。

建設業とは、ビルなどの建築物を建設する事業です。
建設業者が建設した建築物は、施主に引き渡されます。
それでは、建設業者には何が残るのでしょうか。
建設業者に残るものは、建築物を建設することができるノウハウ、
スキル、マンパワーです。

建設現場においても、AI化、機械化が進むものと思われます。
しかし、一部がAI、機械に置き換わっても、本質的には建築物は
人が建設するものです。建築物を建設することのできるノウハウ、
スキル、パワーを持った人こそが、建設業者、ひいては我が国の
建設業の資産であり、実体だと思います。

従って、建設業者というものは、建築物を建設する事業者ではある
ものの、その実は、建築物を建設することのできる人をつくる
事業者といえます。
松下電器創業者、松下幸之助氏の「松下電器は人を作るところ。」と
いう言葉は、製造業とともに建設業においても、ふさわしい言葉だと
思います。

建設業は、人の生活の基本である「衣食住」の住を担う誇るべき
産業ですが、一方では、建設業は「危険、きつい、汚い。」の
3K産業など揶揄されています。当協会は、教育を通じて労働者の
安全と建設業の発展に寄与することを目的に活動し、建設業が
「希望のある、かっこいい、感謝される」、新3K産業と言われる
よう、微力ながら貢献したいと考えております。

設立間もない法人ではございますが、何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

2021年10月10日
一般社団法人 建設業教育協会 代表理事 石原鉄郎