建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)企業Web研修

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)

「建築物環境衛生管理技術者」という資格では、別名「ビル管理士」「ビル管理技術者」と言われ、通称「ビル管」と呼ばれます。
ビル管理士は面積が3,000平方メートル以上(学校施設の場合は8,000平方メートル以上)の施設に必ず設置が必要な資格です。

WEB講義内容

   ・建築物衛生行政概論
   ・建築物の環境衛生
   ・空気環境の調整
   ・建築物の構造概論
   ・給水及び排水の管理
   ・清掃
   ・ねずみ・昆虫等の防除

資格取得のメリット

「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」に基づいて、面積3,000㎡以上(学校については8,000㎡以上)の特定建築物に対して、
その特定建築物の維持管理が環境衛生上適正に行われるように監督させるため、ビル管理士の免状を有する者のうちから建築物環境衛生管理技術者を専任しなければなりません。

この設置義務は必ず「専任」となるため、1人のビル管理士が複数の建物を兼任することはできません。
特にビルメンテナンスを取り扱う企業はできるだけ多くのビル管理士を
必要としており、大規模建築物が数多くある都心はもちろん大型
ショッピングモールの増加や企業の進出により地方や郊外でも需要が
高まっています。

受験資格

下記1~3を満たしていればビル管理士を受験することが出来ます。

1:以下の業務に携わった実務経験

空気調和設備管理 ※
給水、給湯設備管理(貯水槽の維持管理を含む) ※
排水設備管理(浄化槽の維持管理を含む) ※
ボイラ設備管理 ※
電気設備管理(変電、配電等のみの業務を除く) ※
清掃及び廃棄物処理
ねずみ、昆虫等の防除

※ ビル管理士資格における「設備管理」とは
   設備についての運転、保守、環境測定及び評価等を行う業務を
   言い、修理専業、アフターサービスとしての巡回サービス等は
   該当しません。

2:以下の使用用途で供される建築物に関わった業務経験

興行場(映画館、劇場等)、百貨店、集会場(公民館、結婚式場、市民ホール等)、図書館、博物館、美術館、遊技場(ボーリング場等) 店舗、事務所

学校(研修所を含む)

店舗、事務所

旅館、ホテル

その他1~4までの用途に類似したもの(例:共同住宅・保養所・寄宿舎・保育所・老人ホーム・病院等)

3:1及び2に関する2年以上の実務経験

ビル管理士は、上記1~3を全て満たすことで受験が可能となります。

WEB講義テキスト

2022年版 ビル管理試験完全解答

 

実施人数 : 参加受講者 5名以上

 

講義日数 : 2日間  14時間

 

見積書作成

     見積書依頼承ります。
     その他、環境を伺い弊社で一部備品等の準備は可能です。
     詳細につきまして、弊社よりお見積書をご提示致します。

 

E-learning学習のご紹介

・職長・安全衛生責任者(新任担当者) E-ラーニング
・フルハーネス特別教育 E-ラーニング
・酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育 E-ラーニング
・石綿使用建築物等解体等業務特別教育 E-ラーニング
足場の組立て等作業従事者特別教育 E-ラーニング
・【建設業向け】職長・安全衛生責任者学習(再教育学習 能力向上教育)E-ラーニング

企業Web研修【オンライン】のご紹介

職長教育・特別教育 企業Web研修

・職長・安全衛生責任者教育 企業Web研修
・【建設業向け】職長・安全衛生責任者教育 企業Web研修
(再教育学習)

・フルハーネス特別教育 企業Web研修
・酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育 企業Web研修

国家資格取得向け 企業Web研修

・建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)企業Web研修
・給水装置工事主任技術者 企業Web研修
・1級・2級土木施工管理技士 企業Web研修
・1級・2級管工事施工管理技士 企業Web研修
・1級・2級建築施工管理技士 企業Web研修
・1級・2級電気工事施工管理技士 企業Web研修